1-25結局協力するならケンカをするな1.政権交代論

無駄な繰り返し~

「結局やるんだったら、もっと早くやっておけばよかった」というような経験は誰にでもあるだろう。そのようなことが繰り返されているのが、日本の野党である。昨日の敵は今日の友ということは政界ではよくあり、戦略上、実際に必要なのだろう。しかし、「結局組むんだったら、あの時ケンカ別れしなければよかった」というのが、千載一遇のチャンスを無駄にした上でのことであれば、時間の無駄どころではない、笑えない大失敗である。そのくりかえしを少し見てみようと思う。