再び注目された維新の会、その先は・・・