維新の会はどこからやって来たのか?

ここまで話が進んだところで、維新の会がどこからやって来たのか。確認することにしよう。

民主党政権が誕生するまでの10年くらいは、第3極らしい第3極は存在しなかった(民主党政権誕生直前の、衆参系5議席のみんなの党を除けば。また、民主党がもともと第3極であったことについては『政権交代論』「民主党はかつて、第3極だった」参照)。公明党や社民党、共産党が第3極を自負していたようなことはあった。しかし公明党は自民党と恒常的に組むようになったし、社民党は、民主党(「社さ新党」として出発しており、労組から支持を得ていた点で、中道左派政党に分類されるべき政党)の左隣に位置しており、共産党はさらにその左。これでは、民主党が明確に保守政党を自認し、かつそう認識されない限り、社共両党は第3極たり得なかった。

この時期、明確に第3極らしい新党は誕生していない。例えば、あまりに小さかったということを別にしても、国民新党は本来の自民党の姿をしていた。さらに結成後まもなく、民主党の陣営に入った。

自民党は一時的に弱っていた状態から、自社さ連立実現による与党復帰をてこに復活していた。一方で、政治改革ブームの余韻は十分にあり、政治改革(選挙や国会の制度の改革、政治資金の規制)だけに限定しない、「改革ブーム」全体でいえば、その中になお、日本はあった。左に寄り過ぎていた社会党→社民党は拒否感を持たれていたが、社民党がなおも存続していたこと、民主党が自民党離党者を多く含み、彼らが党を動かすことも多かったことから、民主党は社民党の後継とはあまり見られず、むしろ流行りの改革派と認識されていた。

筆者の周りでも、「政権交代は必要だけど、民主党にその力があるのか? 政権担当能力があるのか?」という、理念、政策よりも、資質に疑問を持っている人が多かった。政治通の人が、党内のグループ、左右の力関係について多少は関心を持っていた、といったところだ。そのような状況では、自民党の一定規模の分派なら別としても、新鮮な新党というのはあまり意味がない。そのポジションにはまだ、民主党が身を置いていたのだ。むしろ党名が変わっていないという点で、自共両党が評価される存在であった。

そんな中、支持を減らしてはいた自民党は、小泉内閣期に一度、伝統重視・競争重視の色を強めたものの、結局あいまいな政党に先祖返りをした。一方で民主党は、小泉路線に対抗して社民系の色を強め(自民党出身の小沢による、社会党への「先祖返り」)、政権獲得後しばらく(第1次鳩山由紀夫内閣まで)、その路線に留まった。すると、「新自由主義的改革はどこへ?」ということになり、まずはみんなの党、次に維新の会が生まれたのである。2大政党の双方が明確化したところで、これらの一定数の国民が求める、やはり明確な政党が、支持を伸ばした。

そう考えると、第3極が第3極に留まる理由が浮かんでくる。新自由主義などという前に、そもそも明確な政党を求める人が、日本では比較的少ないのではないか、ということだ。それは中道に位置する国民が多く、右翼や左翼の国民は少ないという、世界共通の傾向(最近危ぶまれてはいるが)と同じことを意味するのではない。あくまでも、皆に良い顔をしようとする政党が、広く受け入れられるということだ。

民主党では、小沢らの社民路線が、菅直人や野田佳彦の保守政党に近い現実的な路線

に退けられると、離党者が続出した。これによって第3極は、みんなの党や維新の会といった右派と、小沢ら民主党離党者による左派の、2種類が存在する状態になった(4極になったとも言えるが、今は3極構造として話を進める)。第3極に、スタンダードな保守政党と、スタンダードな社民系の政党があったと見ることもできるが、双方ともポピュリズムの色を、多少なりとも帯びていた。だから、あいまいな左右の大政党の他に、左右のポピュリズム政党があったと見ることもできる(これこそ4極構造か)。

だが、第3極左派は、民主党と同じく総選挙で惨敗した。やはり左派ポピュリズムの面もあった民主党への失望はあったが、それは民主党が混乱したためでもあり、その離党者が評価されることはあまりなかった。また、左派的な政策を採るとしても、その前に財源をねん出する改革が必要だと見られていたことから、新自由主義的な第3極右派の方が求められた。そして何より、秘書、元秘書の当時国会議員が逮捕された(政治資金規正法違反)小沢の当時のイメージの悪さもある。もともと需要はあったのだから、残念なことだと思う。

新自由主義が一部に好まれるということと、主張が明確であること、改革に前向きな姿勢が求められることが、当時改めてはっきりしたのだとも言える。主張が明確な政治家が、既得権益に立ち向かうというのは、分かりやすくドラマティックである。国民が民主党政権の事業仕分けに満足せず、そのような「劇」を他に求めたのだという面もある。とは言え、議席数の少なさ、議席を増やす力の不足が期待をそぐから、それはあくまでも「一定のブーム」の素質でしかない。

その点で言えば、安倍内閣は、あいまいな大政党という土台に、【戦後主流であった穏健保守に立ち向かう右翼】という性格を加えていた。穏健保守とは、【平和重視、平等重視の、野党にも理解のある保守】と言ったところだろう。癒着構造については改革の必要性を認めつつも、劇的な変化に消極的だと言える。総理大臣ではあっても、日本の中心部を覆う穏健保守や、増税志向の財務省、金融緩和に消極的な日銀と戦う安倍の姿は、中道~右翼には共感を得られるものであった(日銀や、集団的自衛権の行使を違憲としていた内閣法制局については、良い悪いは別として、慣例を違えて人事に介入した)。もちろん安倍を右翼的とするのは大げさだという見方もあるし、「右翼的な面は口だけ」というところもあった。だが右翼的な人々は、口だけでも十分だと言えるほど、そういったものに飢えていた(なにせ口だけでも大臣の首が飛ぶ国なのだから)。

話を戻すと、かつての民主党的なもの(改革派の若い政党)を求める人、民主党ではもう自民党を野党にできない、自民党に緊張感をもたらすことができないと考える人々が、必ずしも新自由主義的な考えを持っていなくても、みんなの党や維新の会を支持した、という面があると考えられる。さらには、維新の会は大阪で改革などを進めていたから、それを支持する明確な「維新ファン」も、必ずしも大阪に限らず、増えた(長期的に見れば、維新の元祖であった大阪派について、なんとなく支持する人が大きく減って、明確に支持する人がある程度増えたのだと考えられる)。