未分類

維新のカード 注

2009年、タレント出身で当時宮崎県知事として人気を博していた東国原英夫が、自民党からの衆院選出馬の見返りに、全国知事会が出した地方分権案の採用、実現と共に、自らを自民党の総裁候補として衆院選を戦うことを求めたことがあった(当時改革派とも見られており、政権獲得も予想されるようになった民主党ではなく、自民党から出ようとしたのは、勢いのある民主党では影響力を持てないということであったようだ。それで万が一政権交代を阻止することになっていたら、改革は実現したであろうか、揺り戻しはなかったのだろうか、疑問である)