野党があまりに不利である状況を理解する事が、野党ではなく、国民のために重要

日本には国政に進出できるような右翼政党がなく、また出現する可能性も低いため、自民党が左に寄ったとしても、保守票、右翼票はせいぜい棄権するしかない。そして自民党政治の恩恵を優先的に受ける人々、自民党に見捨てられるのが怖い人々、そして創価学会の信者の多くは、思想、政策とは関係なく、自民党一択だ。その点、中道左派の民主党系は、共産党と組まない限り、常に左から、共産党によって票を削られる(幸福実現党は自民党の票を右から削っていたと言われる。幸福実現党が大量の候補者を擁立していたのは、自民党が比較的弱っていた時期なので、一定のダメージにはなっていたのだろう。しかしごく一時期の事であるし、やはり共産党の方がはるかに多くの票を得ている。それに民主党系の左には、共産党とは別の小党も度々出現する)。

民主党系だって、左翼票だけなら捨ててもなんとかなる。しかし共産党に投票している人々の中には、左翼(社会主義者、日本の場合は自衛隊廃止も―共産党の軍隊を考えている人はさすがに皆無だと思う―)でない人も多くいる。共産党が自民党にすり寄ったことがないことを評価している人、左右の別とは関係なく、中道左派政党も自民党とたいして変わらないから、(クリーンな)共産党に投票しなければならないと考える人もいる。あるいは、地元での共産党(議員)の活動等を評価する人もいる。そのような人々をも引き付ける共産党と競合するのは、左派政党・野党としてはそうとう厳しい。自民党がかつて公明党にしたように、共産党を貶めて、そのライトな支持者を切り崩すという手もあるが、筆者は良いとは思わない(批判するのは当然だとしても)。

次に、その公明党という存在もある。公明党は中道左派政党であり(少なくとも自民党と連立を組んだ当初までは)、支持者にもまだ、そのような志向の人々が多いと思われる。それでも創価学会の信者である限り、基本的には自民党に従う公明党支持する事になる。

この公明党が自民党と組んでいる、つまり与党側にいるのも、中道左派の野党である立憲民主党には、厳しい状況である。どのような経緯でそうなったにせよ(例えば共産党、公明党のかつての躍進には、労働組合員以外の、貧困層等に浸透できなかった、社会党の至らなさもある)、今、この状況はあまりに大きなハンデとなっている。

かといって右に行っても、立憲は自民党等と競合し、なかなか票は得られない。しかも組織票についても弱い。

これでどうやって戦えと言うのか、という問題は25年近くあり、有効な解決策も見出されていない。

筆者は決して立憲をひいきしているのではない。自民党を支持して楽になりたいと思う事もある。しかし政権交代の定着、合理的な政党システムの形成のためには、中道左派政党が強く、しっかりしたものにならなければ話にならない。維新のようなやり方が解決策だという人もいるが、成功の兆しは全く見えない。今回の躍進なら、これまでの新党ブームの範疇をまだ越えていないと思う。大阪では確かに地盤があるし、その周辺へと地域的な拡大もある程度見込める。だが国政政党としての不安定さがそれを打ち消す。大阪周辺への新党には、まだある程度時間がかかる。その間、国政政党として完全に支持を失う危険もある(全国的に見れば組織票が非常に少ない)。そもそも自民と維新の保守2大政党(+α)制が良いのかという問題もある(改革に積極的な維新と、改革に消極的で、癒着構造を維持したい自民という差異はあり得るが、それが選択するのに建設的だといえるのか)。維新を否定したいのではない。筆者のこの見方が絶対に正しいと言うつもりもない。ただ、このような事(少なくともこのような見方もできるという事)を、認識しておくことは重要だと思う。

立憲民主党敗北の原因を個別の事象に求めたところで、この不利な条件は変わらない。重要なのは、野党のあまりの不利さを、国民がもっと認識する事なのだ。「だから何?」、「私は私が一番ましだと思うところに投票するだけ」という人も多いだろう。それでも良い。このことをもっと認識してさえいれば、1党優位の問題、野党の未熟さの問題が、一部の政治家、一部の国民ではなく、日本という国全体の問題、私たち日本国民の問題であることが見えてくると思う。歴史の中に見出せる、この問題の要因については、近く改めて整理したい。

この認識の変化しか、現状を変える起爆剤はないと、筆者は確信している。もちろん、こんなことを野党が言えば、それは言い訳になる。だから他の誰か、特定の野党の側の人間だと思われていない者が、言わなければならない。

 

後からは何とでも言えることを前提に、謙虚で客観的な敗因分析を→