日本人はなぜ政権を選び取ることができないのか、考え、論じる
 
支持政党に牙をむいた連合

支持政党に牙をむいた連合

今回(2021年総選挙)の立憲民主党の敗北には、連合も一役買っている。分析が待たれるが、一役どころではないかも知れない。何せ連合の芳野新会長は、立憲民主党と共産党の連携を、総選挙前に公然と、強く批判して見せたのだ。

そう、選挙と連合について述べる時、芳野友子連合会長の顔が真っ先に思い浮かぶ。初の女性会長という点で印象的なのは間違いないが、神津里季生前会長以上に、共産党との連携を批判していたからだ。いや、これは正確ではないかも知れない。芳野会長が言う通り、基本的な路線は変わっていない。表現もそう違わないのかも知れない。神津会長の場合は、希望の党騒動で支持を広げ、民主党系の主流となった立憲民主党に、配慮せざるを得なかった面がある。

しかし芳野は、会長に選出されたのが総選挙の前だったからとは言え、そして立憲が以前よりも共産党と協力しているように見えた(後述)からとは言え、総選挙前に支持政党(の路線)を強く否定する形になった。こんな事は世界的に前代未聞なのではないだろうか。実際どうか、確認はしてはいないが、政党の最大の支持基盤が、その政党を下院の総選挙前に強く批判するというのは、それくらい驚くべき出来事であった。

確かに、立憲、共産両党が閣外協力で合意した事は、連合にとっては「懸念を示す」という段階を過ぎている。総理大臣・自民党総裁が、自民党内では穏健な(左派とも言える)宏池会(岸田派)の岸田文雄になるという変化もあった。

安倍・菅路線が終わるなら、【共産党と組んででも政府の右傾化を止める】という必要性は薄れる(※)。本当は自民党自体、自民党内の力関係はあまり変わっておらず、また安倍路線に戻る可能性も十分にある。「安倍路線は終わった」という捉え方が行き過ぎるのは、実に日本的だと思う。政党の理念が非常に軽く、属人的な面があまりに大きいからだ。政党のトップが交代する事と一体的に、政党の路線が変わる事は当然ある。しかしその場合はそう宣伝される。重要な事だからだ。しかし日本の場合はそういう、波風が立つ事、一部の支持者が離れるような事は避けられる(この点でも、小泉自民の誕生→小沢民主の誕生は、日本が変わる機会であったと分かる)。

※ 強権的かつ右寄りの安倍・菅義偉内閣は駄目で、岸田内閣なら良いと言うのであれば、連合ははっきりそう言うべきだ。そのような考えの国民は多いだろう。「自民党を負けさせて、それによって安倍・菅路線が復活するよりは、岸田内閣が続く方が良い。だから今回は、左派野党ではなく、自民党に入れておこうか」という人までいるのだろう。しかし自民党は勝っても負けても、党内抗争の結果、あるいはその方が有利(不利になりにくい)という事であれば、簡単に変わるのである。

 

労働組合の集合体のトップである連合の会長は、その職務の性格上、調整型である。そして何より、連合は民主党系の最大の支持基盤だ。これまで、社会党・民社党の時代から、非自民連立政権の実現に動くなど、労働組合の連合体という存在を越えているところもあるが、支持政党のマイナスになるような事を、連合が選挙前に公然と主張、発信する事は、筆者が知る限りはなかった(直接釘を刺す事は度々あっただろうが)。

長期的に見れば、「共産党と組まないほうが良かった」という事になるかも知れない。しかしそんな事は、総選挙前には、いや、今も分からない。この芳野による立憲批判は、連合内のガス抜き、分裂の予防にはなり得ても(それも分からないが)、立憲民主党の選挙戦には、明らかにマイナスであった。共産党とどうこうと言うより、支持する政党に牙をむくような行動に、筆者はショックを受けた。

筆者の事など、本来はどうでも良い。だが、労働組合員でも立憲の党員でもなく、ましてや積極的な意味での支持者でもなく、それでも立憲の伸長に期待していた筆者を落胆させるというのは、残念な事だと思う。組合員でも党員でもなく立憲に投票した人で、「後ろから撃たれた」と感じた人は、少なくないのではないだろうか。

立憲の枝野代表(当時)は、これまでの民主党系以上に、共産党との協力に前向きであった。しかし共産党が候補者を降ろす選挙区が多い中、立憲が候補者を降ろした数少ない選挙区で、共産党を応援してもバチは当たらないはずだ(旧立憲民主党の時代に、枝野はそこまで踏み込んだ。まだ確認していないが、この時は民進党の分裂で、民進党系の空白区が増えていたと思う)。共産党が立憲の選挙を手伝うのを、拒む理由も本来はないはずだ。共産党が立憲、連合への浸透を図っているという見方があるから、「本来」とつけたが、そんな事は信頼関係を築けば済む話だ。うまくやっている地域もあると聞く。上層部のコミュニケーション能力の問題だと思う。それに欠ける連合では、あまり価値がないと思う。

共産党のやり方、主張を批判する芳野会長、そして、共産党を全体主義だと批判した玉木国民民主党代表(※)だが、連合からも国民民主党からも、「共産党はただ候補者を立てないでいてくれればいいのに」という思いはにじみ出ている。事実上そう言っていると言えるような発言もしばしばある。「野党の候補者が何人もいたら自民党を利するだけ」と、自分達は共産党に譲る気もないのに、共産党を念頭にそう言うのは、さすがに卑怯だと思う。教育上よくないとすら、思う(筆者が最近聞いたのは、国民民主党の榛葉幹事長の発言。参議院静岡補選に関するものだ)。旧立憲民主党系にだって、こういう傾向がないわけではない。共産党を批判し(公平を装い、「評価できる点はあるが、組む事はできない」という言い方にとどめて見せる事はあっても)、しかし「候補者は経てないでね」という姿勢は、共産党に批判的な国民にすら、あきれられる。

国民民主党は総選挙後こそ、共産党とも戦うという姿勢を採っているが、それは同党が今回の総選挙で、共産党が候補者を立てた選挙区においても、当選者を出せたからだ。それ自体はすごい事だが、その結果を見て態度を変えたのなら、それも恥ずかしいと思うのだ。

この事に関して述べると、国民民主党が候補者を擁立した選挙区は少ない、そのうち、共産党も候補者を立てた選挙区は、当然ながらもっと少ない。共産党との連携に否定的な連合(会長・旧同盟系)としては、そのごくわずかな選挙区に力を集め、国民民主党の候補者を当選させる。そして同時に立憲のイメージを悪くして、その獲得議席まで、壊滅しない程度に減らせれば、【共産党と組まない方が勝てる】という雰囲気、分析を生む事ができる。それが図られたかは知らない。だが、共産党に候補者を立てて欲しくはない。しかし立てられてしまったら、そこを最重点区にして結果を出す。あり得る事であり、とても気になる。

 

共産党に、疑似与党経験を!→

Translate »