1.政権交代論

図補-I

図補-I:第4回総選挙後から第5回総選挙後に第3極にかかっていた遠心力

※中立派を1つのまとまりとして見た。

・中立派から薩摩閥への矢印、親薩摩閥から改進党系への矢印が現れたのは他の矢印の出現より後であるが、それを以て他の矢印が消えたわけではない。

・第2次松方内閣の不振によって、中立派から薩摩閥への矢印は消えたといえる。