1.政権交代論

アイルランド

アイルランドは、自治、イギリスからの独立を求める政党の議員などを、庶民院に送り出していた。独立に否定的な統一党(保守党)内閣期の1918年の総選挙では、それまでの主流派であった穏健なアイルランド議会党が大敗し、独立を志向しない北部を除く、現在のアイルランド自由国の大部分で、独立強硬派のシン・フェイン党が議席を得た。そして1922年、北部を除いて自治領となる前、同党はそれに肯定的な勢力と、北部を含めた独立に固執する勢力に分裂状態となった。自治領となる直前の総選挙では、同党が4分の3に迫る議席を得て、その中でも、前者が多数派であった(ただし単独では過半数に届かなかった)。他には労働党、農本主義の農民党が、一定の議席を得た。ただし後者は、1930年台に入ると衰退する。この総選挙の後、シン・フェイン党から条約、北部を除く独立に肯定的であり、政権を担っていた勢力、次に条約反対派の中の穏健派が離脱した。前者は1923年にクマン・ナ・ゲールを、後者は1926年にフィアナ・フォイル(共和党)を結成した。1927年6月の総選挙では、シン・フェイン党の残部も一定の議席を得た。フィアナ・フォイルは議席を伸ばし、1932年の総選挙において、過半数に5議席まで迫る議席を得て、クマン・ナ・ゲールから政権を奪った。翌年の総選挙で同党は過半数まで1に迫った。この選挙では、イギリスとの経済的な結びつきを重視する国民中央党が躍進し、一定の議席を得た。クマン・ナ・ゲールは同党などと合流し、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)を結成したが、フィアナ・フォイル(共和党)を破ることはできなかった。1943年の総選挙からは、農本主義の中道左派政党Clann na Talmhanが一定の議席を得た。後者は1951年の総選挙では2議席に後退した。1948の総選挙では、フィアナ・フォイル(共和党)第1党の地位を守ったものの、過半数を6議席割り込み、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)、労働党、国民労働党、Clann na Poblachta、Clann na Talmhanの非フィアナ・フォイル連立政権が発足した。1951年、1954年の総選挙の結果もあまり変わらないものであったが、政権はフィアナ・フォイル(共和党)に戻り、またフィネ・ゲール(統一アイルランド党)と労働党に移った。1957年から1973年までは、フィアナ・フォイルの政権が続いた。1960年代のうちに、2大政党と労働党以外の政党が全く議席を得られない状況となった。これは1981年まで続いた。1973年の総選挙では、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)と労働党の合計議席がフィアナ・フォイル(共和党)を上回り、両党の連立政権が発足したが。1977年の総選挙も同様であったが、フィアナ・フォイル(共和党)の単独政権に戻った。

1981年の総選挙では、過半数を6議席割り込んだフィアナ・フォイル(共和党)から、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)と労働党に政権が移った。左派系、南北の統一を求める党派がわずかな議席を得た。1982年の総選挙では、過半数まで3議席に迫って政権がフィアナ・フォイル(共和党)に戻ったが、同年2度目の総選挙では、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)に5議席差まで迫られ、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)と労働党の連立政権に戻った。1987年の総選挙ではフィアナ・フォイル(共和党)に政権が戻った。また、進歩民主党が労働党を超える議席を得て第3党となった。進歩民主党とは、フィアナ・フォイル(共和党)を脱した文化的な面や経済的な面で自由主義的な(全社で左、後者で右ということにもなる)政党であった。1989年の総選挙では議席を減らしたフィアナ・フォイルが、やはり議席を減らして第5党に転落した進歩民主党と連立を組んで、与党の地位を守った。また、緑の党が1議席を得た。1992年の総選挙では、労働党が議席を倍近くに増やし、フィアナ・フォイル(共和党)68、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)45、労働党33、進歩民主党10、左派民主党(1999年に労働党に合流)4、緑の党1議席となり(過半数は84)、3党鼎立に近付いたように見えた。1993年には、フィアナ・フォイル(共和党)と労働党という、新しい組み合わせの連立政権に、1994年にはフィネ・ゲール(統一アイルランド党)、労働党、左派民主党の3党連立となった。

1997年の総選挙は、フィアナ・フォイル(共和党)77、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)54、労働党17、進歩民主党4、左派民主党4、緑の党2、社会主義者党1議席となり(過半数は84)となり、フィアナ・フォイル(共和党)と進歩民主党の連立政権が成立した。2002年の総選挙は、フィアナ・フォイル(共和党)81、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)31、労働党20、進歩民主党8、緑の党6、シン・フェイン党5、社会主義者党1議席となり(過半数は84)、フィアナ・フォイル(共和党)が突出する形となったが、過半数には届かず、連立の枠組みは維持された。2007年の総選挙は、フィアナ・フォイル(共和党)77、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)51、労働党20、緑の党6、シン・フェイン党4、進歩民主党2議席となり(過半数は84)、フィアナ・フォイル(共和党)と進歩民主党の連立に、緑の党が加わったが、進歩民主党は2009年に解党した。2011年の総選挙は、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)76、労働党37、フィアナ・フォイル(共和党)20、シン・フェイン党14、社会主義者党2、people Before profit2、Workers and Unemployed action1、緑の党0と激変し(過半数は84)、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)と労働党の連立となった。2016年の総選挙は、フィネ・ゲール(統一アイルランド党)49、フィアナ・フォイル(共和党)44、シン・フェイン党23、労働党7、緑の党を含む他の左派系の4党が計15となり(過半数は79)、労働党が惨敗したものの、連立政権が維持された。