立憲民主党をどう受け止めるのか、日本国民が試される時

立憲民主党の敗け方、勝ち方

共産党との協力をやめるのは本末転倒

野党があまりに不利である状況を理解する事が、野党ではなく、国民のために重要

後からは何とでも言えることを前提に、謙虚で客観的な敗因分析を

しかし2019年の参院選の総括は不十分だった

2019年の参院選の結果は、何を教えてくれていたのか

れいわと向き合えない立憲民主党に希望はない

立憲民主党より民主党の方が良かったのか?

維新と「良い」関係を

民主党に戻るのではなく

優位政党に振り回される、政権を狙う野党第1党の限界

「野党幼稚園」を卒園する時だが、枝野批判、野党同士の足の引っ張り合いを避けることができるか

立憲民主党は第3党になる覚悟があるか

自民党に対する挑戦者の地位を守り、政権交代をあきらめないためにできること

緊急事態条項で、とにかく反対の野党になれ

絶望の中の期待する。壁をぶち破ってくれ

低支持率のままであったとしても、菅内閣が小池新党に助けられていた、くだらなくもが1党優位国らしい可能性